So-net無料ブログ作成

「水元公園 #2」



オオニワセキショウ 小さな咲き姿が可憐 花びら6枚のうち3枚の形が異なる特徴があるという よく見るとその通り


055.jpg


056.jpg


スイスイと水路を泳いでいた大型のネズミ このあと器用に潜水して行きました


077.jpg


063.jpg


カタバミ 濃いピンクのもある


094.jpg


106.jpg


109.jpg


111.jpg



113.jpg

















nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「水元公園 #1」



また水元公園に戻って来ました


紫陽花も終わりに近づいてきましたが ここは生き物たちの楽園


四季折々の表情を豊かに見せてくれます


アオサギ君はいつも姿を見せてくれる 大きいのと動きがスローなので撮りやすい


006.jpg


008.jpg


ヒルザキツキミソウ 道端にさりげなく咲いている姿が好きです


024.jpg


026.jpg



029.jpg


コシアキトンボのオス 黒色の身体で腰のあたりが白いのでこの名前がついたという なるほどねっ メスは白い部分が黄色い


045.jpg


これは別の日に撮影したメス


093.jpg















nice!(40)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

「じゅんさい池 #7」



321.jpg



国府台と国分の台地の間に 自然の地形により出来た池


339.jpg


池の形は長細く 一周ゆっくり歩くと40分位かかる


343.jpg



紅白の梅 桜 カモやコサギの野鳥 四季折々に変化がある池です


353.jpg


360.jpg


363.jpg



373.jpg


379.jpg



381.jpg


386.jpg









じゅんさい池 終わります 次の行先はどこにしましょうか・・・お楽しみに♪













nice!(35)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「じゅんさい池 #6」



また やまぼうし 前回から進んでいないようですが 事実一本のやまぼうしから動いていません


249.jpg


260.jpg


224.jpg


表情が豊かで離れられなくなりました


274.jpg


283.jpg


ようやくやまぼうしを振り切って 年配の男性が二人 望遠レンスを上に向けて構えている先を追うと コゲラがいました


295.jpg


「まだ子どもだから木をつつく動きが覚束ないね」と会話していた




初めて見たコゲラが子ども・・・でした











nice!(39)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

「じゅんさい池 #5」



やまぼうし 続きます


214.jpg


216.jpg


224.jpg


230.jpg


233.jpg


ここから離れられなくなりました


238.jpg


240.jpg


弧を描くような葉脈


243.jpg


245.jpg













nice!(43)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

「じゅんさい池 #4」



126.jpg






青もみじ 黄菖蒲を背景に


150.jpg


185.jpg


やまぼうし 好きな花の一つ あまりにも美しくて木の周りをグルグルしちゃいました


194.jpg


200.jpg


花の形 鮮やかな葉の色との対比 色数は二色だけどいろいろな表情があります


203.jpg


205.jpg


210.jpg













nice!(39)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

「じゅんさい池 #3」



アカバナユウゲショウ この名は夕方から咲くという由来を持つが実際には昼間から咲いている


092.jpg


095.jpg



100.jpg


ユウゲショウ 夕化粧 夕暮時、夜の逢瀬のために化粧する


104.jpg


ずいぶんと艶っぽい


107.jpg



114.jpg














nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「じゅんさい池 #2」



池の畔には黄菖蒲が盛大に咲いている 


080.jpg


この黄菖蒲 繁殖力が強く生態系のバランスを崩してしまう「生態系被害防止外来種」に指定されているという


086.jpg



確かに綺麗をとおり越した底知れぬ生命力を感じる


005.JPG



梅の実がマスカットのように美味しそうです 手を伸ばして口に入れたくなるけど我に返って・・・


062.jpg


064.jpg


068.jpg


じゅんさい池は奥に向かって長細い形になってぐるっと周回することが出来る


088.jpg












nice!(44)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

「じゅんさい池 #1」



千葉県市川市の じゅんさい池


その名から青々としたじゅんさいが池の面をおおっている風景を思い浮かべるが


でも実際に行ってみると違っていた 


013.jpg


その昔 昭和の初期頃まではこの池でじゅんさいが採れて出荷もしていたという


その後池が干上がったりしてじゅんさいは絶滅したという もしかすると今も奥の自然観察池というところで栽培しているかもしれない


じゅんさいの季節である夏には来たことがないので今年の夏また訪れてみたい


023.jpg


じゅんさい いままで食べたことがある料理でいうと 酢の物 お吸い物くらい 


あのツルヌメとした触感と意外としっかりしている歯ごたえ 夏の風物である


037.jpg


046.jpg


052.jpg












nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「本土寺 #7」



本土寺から帰る途中「馬橋」という地名を見て そういえば前から気になっていたことを思い出して


水戸街道を右折して馬橋駅に向かいました


379.jpg



JR馬橋駅は近代的な普通の駅舎だが 流鉄流山線というローカル線のホームが並んでいる 


381.jpg


ローカル線にもいろいろあるけど 全長5.7キロ 全6駅 11分というミニローカル線


入場券を買ってホームに入ります 写真を撮りに入場券だけという方も多いのでは


384.jpg



この昭和レトロな質素感 木造の駅舎です


385.jpg


可哀そうで涙が出て来そうな看板 もう少し何とかなりそうだけど ことさら雰囲気を残そうとしているのかも・・・


394.jpg



395.jpg


396.jpg










最後にしんみりしたところで 本土寺終わります 次はどこにしましょうか!ミステリーツアーは続きます♪!(^^)!












nice!(41)  コメント(0) 
共通テーマ:アート